HOME
ごあいさつ
NPO法人の概要
NPO法人の活動紹介
くるめSTP実施・運営 スポーツについて
ADHDの子ども達の多くは、スポーツに関する失敗を多く経験しています。特に集団競技(野球やサッカー)で、失敗を繰り返すことは、子ども達の自尊心を低下させるだけでなく、そのチーム、仲間内での人間関係にまで影響を及ぼすこととなります。

このようなADHDの子ども達の、「スポーツに関する技術と知識の習得」「仲間内での地位の改善とそれに伴う自尊心の改善」を目的としSTPではスポーツを実施しています。

種目はサッカーを行っています。一日のうちスポーツの時間は2回に分けられています(60分×2回)。ここで大切なことは、「練習」と「試合」を同じ種目にすることです。「練習」で学んだ技術や知識を、「試合」で実践し学習していくことができます。
    



STPでは1日1時間プールの時間があります。スポーツを実施する目的同様、個々の子どものレベルに応じて水泳に関する技術や知識を指導します。しかし、単に水泳を教えるのではなく、練習後に冷たい水の中で短時間だけですがカウンセラーと共にフリータイム(プールで自由に遊んでよい時間)を楽しむという、お楽しみ活動としての意味合いも水泳の時間はかねています。
親訓練


広報活動
STP実施の支援
くるめSTPの説明
目的・組織
指導原理とポイント
参加者の感想
実施概要の例
くるめSTP実施の実際
主要システム
一日のスケジュール
スポーツについて
学習センターの役割
水泳について
論文・学会・講演会
ADHDについて
出版・執筆している本
リンク集

HOME TOP

NPO法人 くるめ STP