HOME  
ごあいさつ
NPO法人の概要
主要システム

ポイントシステム
・STPでは、登校から下校までを「活動」と呼びます
・全ての活動には決まりがあります
・決まりを守るとポイントがもらえ、破るとポイントが減ります
・それぞれの活動後にポイントの発表をし、子どもの行動をフィードバックします

NPO法人の活動紹介
くるめSTP実施・運営
親訓練
広報活動
STP実施の支援
くるめSTPの説明

Daily Report CardDRC:がんばりカード
・それぞれの子どもは、一日の目標が設定されています
・目標は具体的な行動や回数で設定されています
・目標が書かれた紙をDRCといいます
・目標の達成度によって、子どもはごほうびを獲得します
DRCは子どもの行動変容を後押しするものです



グループでの活動
STPに参加した子どもは約12名のグループで活動を行います。
・各グループには子どもたちを担当する学生カウンセラーと、子どもや保護者の対応をするリードカウンセラー(臨床心理士)がつきます
   ※学生カウンセラーは、事前に十分に研修を受けています
また、プログラム実施中は医師、臨床心理士、教師の指導を受けます
・子どもたちはグループでの活動を通して、対人関係のスキルや、スポーツスキルを学びます

目的・組織
指導原理とポイント
参加者の感想
実施概要の例
くるめSTP実施の実際
主要システム
一日のスケジュール
スポーツについて
学習センターの役割
論文・学会・講演会
ADHDについて
出版・執筆している本
リンク集
HOME TOP

NPO法人 くるめ STP